top of page
  • LEEWAYS

リーウェイズが「賃貸市場規模ランキング」を発表~首都圏エリアにおける不動産投資の判断材料に活用~

不動産価値分析 AI クラウドサービス「Gate.(ゲイト)」を提供するリーウェイズ株式会社( 本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 巻口成憲、以下「リーウェイズ」) は、首都圏を対象に調査レポートを作成いたしました。


ランキングの対象地域は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で、市区町村別および駅別に集計されています。

(平均賃料は独身者からファミリー層向けまで幅広い範囲を対象に調査)


【調査背景】

家賃の高い駅をランキング形式で整理した場合、居住者が比較的少ない駅が上位を占める傾向があります。そこで、エリア別の家賃データに、実際に賃貸住宅に居住している人数のデータを掛け合わせることにより、賃貸マーケットの規模を算出し、賃貸市場規模をエリア毎のランキングにして公開いたしました。

これにより、各エリアのおおよその賃貸市場の需要や市場規模を把握し、不動産投資の判断材料として有効に活用できます。

【賃貸市場規模ランキング上位の駅の特徴について】

都心へのアクセスが良く、利便性が高い駅は賃料水準が比較的高く、人口も比較的多い駅が上位に位置しています。

リーウェイズは引き続き、 AI(人工知能)による「 Gate. 」のサービスと不動産の知見をもとにしたデータ分析を融合させ、不動産に関わる全ての人に誠実で信頼性のある情報をご提供して参ります。


【 Gate. について 】 不動産価値分析 AI クラウドサービス「 Gate. 」は15年間独自に収集した2億5,000万件を超える物件データ(2023年9月時点)をもとに、人工知能を活用した不動産の査定・投資分析シミュレーションや市場分析・ハザード情報の提供を行っています。

現在不動産会社400社以上、金融機関10社以上が導入しています。(2023年9月時点)


サービスサイト: https://ai.gate.estate/

プレスリリースはこちら


 弊社は引き続き、AI(人工知能)による「Gate.」のサービスと不動産の知見をもとにしたデータ分析を融合させ、不動産に関わる全ての人に有益な情報を提供して参ります。 

閲覧数:105回0件のコメント

Comments


bottom of page