• LEEWAYS

リーウェイズが「Gate.」をグッドライフの新サービス「SMARG Buyer」にOEM提供

 不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.(ゲイト)」を開発・提供するリーウェイズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 巻口成憲 以下「リーウェイズ」)は株式会社グッドライフ(本社:東京都港区、代表取締役:松本友樹 以下「グッドライフ」)がサービスリリースした『SMARG Buyer(スマーグ バイヤー)』に2億件超の物件データをAIで分析し不動産価値を査定・シミュレーションする「Gate.」を提供いたしました。

『SMARG Buyer(スマーグ バイヤー)』は客観性と透明性を追求した不動産買取サービスです。


公式サービスサイトhttps://smarg.jp/buyer


【 背景 】


 買取価格の査定を始めとする各種手続きを手作業を中心に行ってきた不動産売買は、従来2か月~半年かかるのが通常でした。コロナ禍で非対面サービスの需要が急速に進み、2021年4月には正式に不動産売買でのIT重説(※1)が解禁され、電子契約も浸透しつつあります。不動産業界のDXが進む昨今ですが、一般的なオンライン査定から売買契約の締結までは未だに2週間以上を要するのが現状です。

 『SMARG Buyer』はグッドライフが創業以来目指し続ける「停滞する日本の不動産流通の活性化」を実現するためリリースされました。オンライン商談や電子契約などの最新の取引システムと、リーウェイズが提供する「Gate.」のビッグデータとAIを組み合わせることで、今までよりもスピーディな簡易査定・買取を実現しました。


(※1)IT重説:テレビ会議などITを使用した重要事項説明のこと


【 「SMARG Buyer」4つの特長 】


1,リーウェイズ社の「Gate.」と連携、2億件超のデータと人工知能(AI)で客観的な不動産査定を実現


2,その場でリアルタイム・オンライン査定


3,金額のブレを小さくするための「売却価格」表示


4,最短1日で手付金をお支払いできる迅速な売買プロセス



 リーウェイズは不動産テックサービスを開発・運営する不動産テックコンサルティング会社です。当社が保有する2億件超の物件データと不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.」を基盤とし、今後も不動産市場の拡大と活性化のために不動産事業者様や金融機関様の様々なニーズにお応えした各社独自のサービス/システムを開発・提供して参ります。


詳細(プレスリリース)

181回の閲覧0件のコメント