• LEEWAYS

グリッドデータバンク・ラボに参画~空室率を地図上に可視化する「電力データ × 不動産価値」の実証実験を開始~

リーウェイズは電力データ(グリッドデータ)を活用した社会課題解決や産業の発展を目指すグリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合に会員参画いたしました。


本参画により、2021年11月4日(木)から2022年3月31日(木)まで統計処理した電力データによって地域の空室率が地図上に丁目単位でプロットされる機能の活用可能性についての実証実験を行うことをお知らせいたします。これによって投資におけるリスクを可視化し、更に精度の高い不動産の取引判断が可能になることが期待されます。


当社が提供する市場分析調査ツール「 Gate. Market Survey 」へ空室率の統計情報が2022年3月31日(木)まで実験的に追加されます。



詳細 プレスリリース



↓機能イメージ:地図にカーソルを合わせると、その町丁目ごとの空室率が表示されます。


90回の閲覧0件のコメント